妖怪ウォッチのブームは必然!?実は人気キャラクターのハイブリッドだった!

雑記

2018年に、生まれ変わって再スタートしている妖怪ウォッチですが、空前の大ブームから数年。

ブームも落ち着いてきた・・・というか沈静化しているそんな印象がありますね。

そもそもあの大ブームは一体なぜ起きたのか?

1度妖怪ウォッチのストーリーを簡単に説明すると、妖怪とバトルして勝利すると友達になれる上に、もれなくメダルまでゲットできて、そのメダルによって妖怪を呼び出したりしながら新たな友達妖怪を増やしていく。・・・という話でしたよね。

この記事では、キャラクターや物語全体の設定面から少し掘り下げてみようと思います。

\Amazonプライムなら妖怪ウォッチが見放題!/

Amazonプライム無料体験はこちらから

スポンサーリンク

妖怪ウォッチはやっぱりポケモンの二番煎じ?

妖怪ウォッチでは、友達妖怪として愛くるしいクズなジバニャンや、全く頼りにならない執事妖怪のウィスパー

さらに田舎訛りが心揺さぶる上に愛くるしすぎるコマさんなど、モンスター的なキャラクターがバンバン出てきますよね。

これは当初から言われていましたが、キャラクター的にはポケモンによく似ていると感じます。

当初から【ポケモンの妖怪版】なんて言われ方もしていたようですね。

妖怪ウォッチとポケモンの違うところ

ポケモンと違うところといえば、モンスターではなく日本人に身近な妖怪をモチーフにしているところ。

ただ、従来の妖怪が持つ怖くて不気味なイメージではなく、あくまでも可愛くてポップなキャラに仕立てています。
(あくまでも初期の妖怪ウォッチの話です。)

また、ポケモンがペットであったのに対して、妖怪ウォッチは友達であるということは違いを出していると言っていいのかもしれませんね。

スポンサーリンク

キャラクター設定にはドラえもんまで投下?

妖怪ウォッチのキャラクターといえば、まず主人公の【King of 普通】なケータ

ほかには、優等生で可愛らしいフミちゃんや、お金持ちで理屈好きなカンチガキ大将のクマなどが主要キャラクターと言えます。

でも、これらの登場人物はポケモンって感じではないですよねぇ。

むしろ、国民的ネコ型ロボットドラえもんに近い雰囲気を感じる方も多いかもしれません。

このドラえもん感は、ポケモンのようにあちこち旅するのではなく、主人公たちが住むさくらニュータウンが基本的な舞台になっていることからも感じ取れます。

実際に、ドラえもんの雰囲気は開発段階からかなり意識されていたようですね。

妖怪ウォッチとドラえもんの違うところ

妖怪ウォッチのキャラクター達を見ていく上で、ドラえもんをただ真似するのではなくどのようにアレンジしたのかが重要なところだと思います。

例えば、のび太くんは運動も勉強もダメという設定ですよね。

でも、今の社会は昔に比べて落ちこぼれが出にくい仕組みになっている(?)そうなので、何事も平均的という主人公が共感を呼ぶのでは?と、【King of 普通】なケータが設定されたようです。

実際に妖怪ウォッチの中では、ケータがフミちゃんに「普通」と評されてショックを受けるシーンがたびたび出てきます。

むしろケータは普通でなければいけなかったんですね。

スポンサーリンク

人気キャラクターのハイブリッドである妖怪ウォッチの人気が出るのは当然

ストーリーはポケモン、キャラクター設定はドラえもん

すでに認知されているゲームやキャラクターを融合させ、今の時代に合うように進化させています。

時代は繰り返すと言いますが、組み合わせたり時代に適応させたりしながらブームが作られていくものなんですかね。

スポンサーリンク

ブームが去った妖怪ウォッチは今後どうなる?

あの大ブームのあとの妖怪ウォッチでは、新たな登場人物が出てきたりもしたそうですね。

今放送中の最新シーズンのシャドウサイドでは、雰囲気も登場人物も初期の頃とは全然違うんです。

なんと言ってもこれですよ!これ!

・・・うそでしょおおおおおお?!←

わたしが愛してやまないコマさんが!
こんなにシュッとしちゃって!!
全っ然心揺さぶられない!!!←

登場人物もケータたちがいた頃の30年後が舞台だそうで、懐かしい顔ぶれは出てきません。

が、今度の主人公はケータの子供たちなんだそうです。
(気になるケータの奥様はやっぱりあの子らしいですね♡)

公式さんから拝借した画像はこんな感じです。

イメージも新たに始まった妖怪ウォッチの今後も楽しみですね!

\Amazonプライムなら妖怪ウォッチが見放題!/

Amazonプライム無料体験はこちらから

コメント