きかんしゃトーマスの声優がなぜ戸田恵子さんから比嘉久美子さんに変わったのか調べたので書く

雑記

はい。タイトル通り。

わたしはアラサーですが、トーマスの声と言ったら戸田恵子さんだと思い込んでいました。

子供が生まれて再びきかんしゃトーマスを見るようになって、なんか声違くない?!と感じたのですが、ずーっと見てるとだんだん慣れてくるもんですね。笑

現在の声優さんは比嘉久美子さんですが、なんで戸田恵子さんから変更になったの?ってことで改めて調べてみました。

スポンサーリンク

なぜ戸田恵子さんから比嘉久美子さんに変更されたのか

長く続いているアニメの声優が変わるにあたってどんな理由があったのでしょう?

どうやら、声優変更の直接的な原因は放映権の移行のようですね。

トーマスの放映権を持っていたフジテレビKIDSが2007年に放映に関する契約を解約し、翌年にソニー・クリエイティブプロダクツに権利が移ったことにあるといわれています。

これによって放送局はフジテレビからテレビ東京(2012年からはNHK)に、声優事務所は青二プロダクション(戸田恵子さん所属)から81プロデュース(比嘉久美子さん所属)に移行したそうです。

ちなみに同じタイミングで、ナレーターは森本レオさんからジョン・カビラさんに変更になっており、トップハム・ハット卿も青野武さんから納谷六朗さんに変更されています。

他にもキャラクターの声優陣は一新されていたようですね。

・・・全然知らなかった・・・

  • 声優陣の交替はめちゃくちゃ大人の事情
  • 放映権の移行が声優陣交替の理由だと思われる
  • 戸田恵子さんだけでなく他の声優陣も同時期に一新されている
スポンサーリンク

日本でのきかんしゃトーマス史

最初に放送していたのはフジテレビ(1990-2007)

日本で初めてきかんしゃトーマスが放映されたのは、フジテレビ系のひらけ!ポンキッキ!内のコーナーで、1990年から放映開始になったそうです。

アラサーのわたしはバッチリ見てましたので、トーマスの声と言ったら戸田恵子さんだったんですね。

ひらけ!ポンキッキ!自体は1993年に放送が終了していますが、その後もポンキッキシリーズにてトーマスは放映され続けており、2007年にポンキッキシリーズが終了してからはBSやCSで放送を続けていたのですが、結局同年に放映権を手放すことになったそうです。

最終的に放映権を持っていたのはフジテレビの子会社であるフジテレビKIDSでした。

次に放送していたのはテレビ東京(2007-2011)

フジテレビKIDSが放映権を手放したあとは、ソニー・クリエイティブプロダクツが放映権を持ち、テレビ東京系の、のリスタ!内のコーナーできかんしゃトーマスが放映されていました。

このタイミングで声優陣は一新され、オーディションなどで選ばれた新たな声優陣で、生まれ変わったきかんしゃトーマスになったんですね。

ところが、のリスタシリーズも2011年で放送が終了したため、このタイミングできかんしゃトーマスの放映も一時的に終了しています。

現在放送しているのはEテレ(2012-現在)

2011年にテレビ東京での放映が終わってから約1年後、Eテレで独立番組としての放映が始まりました。

その後、放映時間の変更などもありつつ、継続して放映され続けています。

2018年11月現在は、日曜日の17:30から放映中ですね。

このタイミングでは声優陣の一新はないようですが、アニーとクララベルの声優さんが変更になり、Eテレで放送が開始してからトップハム・ハット卿の声優だった納谷六朗さんが亡くなったため田中完さんに変更になっています。

スポンサーリンク

戸田恵子のトーマスしか認めねぇ!という方におすすめ

初期の頃の!戸田恵子のきかんしゃトーマスが懐かしいぜ!という方は、Amazonプライムで見放題になっているようなので、Amazonプライムなら懐かしい戸田恵子さんのトーマスに会えますよ。

あの頃のトーマスを再び!

Amazonプライム無料体験はこちらから

コメント