【年の差婚】一般的に言われている年の差婚のメリットをまとめてみる

年の差夫婦

はいどうも。ままん(@maman_selfish)です。

わたし達夫婦は17歳の年の差婚ですが、気持ち悪いという意見があると知ってとても驚きました。

年の差婚だからってメリットやデメリットを考えたこともなかったですが、ここはひとつ年の差婚のメリットを考えてみようと思います。

これから年の差婚したい方や、年の差カップルの方、すでに年の差婚されているご夫婦の参考や暇つぶしになればと思います。

スポンサーリンク

年の差婚にメリットはないの?

気持ち悪いとか思われてるのか・・・
あれ?年の差婚ってイメージはあんまりよくないの?

ってことで、年の差婚のメリットとしてあがっていたことをまとめてみました。

パートナーが年上の場合

まずは、自分が年下でパートナーが年上という年の差婚のメリットとして上がっていたことをまとめてみます。

甘えられる!

パートナーが年上だと、素直に甘えられるという意見が多いようです。

同世代だと、ちょっとのことで張り合ったりなんだか頑張りすぎてしまったりしませんか?

ところが相手が歳上だと、同年代の異性に比べて許してくれるキャパが広いという意見もありました。

頼りがいがある!

一般的に、年齢が上の方がしっかりしているというイメージがありますよね。

また、社会人としても先輩にあたりますから、仕事面でも相談したりしやすい点があるかもしれません。

そんなところから、パートナーが年上の場合は頼りがいがあると感じることが多いそうです。

経済的に安定している!

お互い社会人で年の差婚をした場合は、社会人としてのキャリアが違うため年上のパートナーの方が経済的に安定しているように感じるようですね。

結婚となると経済力も大切ですから大きなメリットと言えます。

パートナーが年下の場合

まずは、自分が年上でパートナーが年下という年の差婚のメリットとして上がっていたことをまとめてみます。

ちょっとのことなら許せちゃう!

パートナーが年下だと、過度に期待し過ぎないから少しのことなら許せるという意見がありました。

同世代のパートナーだと、このくらい当然!と思ったことができなかったりするとイライラしたりしますよね。

そこが年下のパートナーだと、多少の失敗ならすんなり許せてしまうんだそうです。

若さが保てる!

パートナーが年下だと、自分が知らなかった流行を教えてもらったりアクティブになったりと、同世代のパートナーよりも若くいられる気がするという意見があるようです。

世代が違う分、新鮮な体験が増えて刺激的に感じるのかもしれませんね。

頼ってもらえる!

自分が年上だと、リードしたい方が多いのかもしれませんが、年下のパートナーが頼ってくれるのがうれしい!と感じる方が多いようです。

年の差があると経験の差もあるので、アドバイスできることも多いですよね。

何かと頼ってくる後輩がかわいかったりしませんか?

その感覚と似ているのかもしれません。

スポンサーリンク

年の差婚のメリットまとめ

パートナーが年上か年下かでメリットと言われる内容も様々ですね。

ここでもう1度、年の差婚のメリットとされていることについてまとめておきます。

パートナーが年上の場合のメリット

  • 甘えられる!
  • 頼りがいがある!
  • 経済的に安定している!

パートナーが年下の場合のメリット

  • ちょっとのことなら許せちゃう!
  • 若さが保てる!
  • 頼ってもらえる!

実際に年の差婚している身としては、賛同できたりできなかったり・・・。

これを見て思うのは

それ年の差関係ある?!(本末転倒)

ってことですね。笑

いろいろ調べてでてきた年の差婚のメリットでしたが、一般的にはこんな感じなのかな?

ちなみにわたしは、メリットやデメリットで年の差婚するか否か決めるようではダメだと思います。(本末転倒)

年の差があろうがなかろうが、お互いにとってお互いがどんな存在なのか認識し合えるといいですよね。

コメント